HOME » フランチャイズの飲食店を開業しよう

フランチャイズの飲食店を開業しよう

フランチャイズの飲食店には多くのメリットがあります。

人件費や人材育成でのメリット

「飲食店をはじめたいけれど調理ができない。だから料理人を雇おう」と考えるのはNG。とくに、はじめて飲食店を開業しようとしている場合は、大きなリスクを伴う行為なので、避けたほうがいいでしょう。

だからといって調理技術を身につけようと、他の飲食店で修行をするのは時間の無駄です。飲食店を成功させたいならば、調理技術を身につけるよりも、経営戦略を学んだほうが、ずっと役に立つからです。FCであれば、自分ひとりで調理から提供できる形態のものもありますし、人材育成のノウハウやマニュアルが用意されているので、時間も手間も省けます。

メニュー作りやサービスにおけるメリット

メニュー作りはやりがいのある作業ではありますが、周辺店舗や客層などの綿密なリサーチが必要です。また、出店場所を誤ると、成功させるのも難しくなります。

本部で十分にリサーチされて考案・開発されたメニューを提供できるFCであれば、そのブランド力によって、安定した集客が見込めます。また、出店場所についても、相談に乗ってくれる場合も多いのです。

資金面でのメリット

個人経営と比べて、少ない資金で開業することができるのがフランチャイズの一番の利点です。開業資金が少なければ少ないほど、早い時期に回収することができますし、その分、リスクも低くなります。資金の調達が難しい場合にも、本部が援助してくれたり、金融機関との提携ローンを設置しているところもあるようです。

経営ノウハウを享受できるメリット

飲食店の開業に欠かせない経営ノウハウやアイディア。これについても、講習を受けるなどして、本部から指導してもらうことができます。そのため、知識や経験が少なくても、飲食店を始めることができるのです。開業後も、経営についての相談や、さまざまなサポートを受けることができるのもFCならでは。

すぐに開業・すぐに回収できるメリット

出店準備のためのマニュアルもあるので、個人経営と比べて、開業までの時間が短いのも、FCの特長です。時間や手間のかかる作業の多くは、本部のマニュアルによってスムーズに進められるので、その分、店のオペレーションに専念することができます。

また、少ない初期費用で始められるので、その投資額を早期に回収することができるなど、時間の面でも大きなメリットがあるのです。