HOME » フランチャイズの飲食店を開業しよう » FCのメリット【モノ】

FCのメリット【モノ】

ここでは、フランチャイズで飲食店を開業した際、モノ(メニューやサービス)の面で、どのようなメリットがあるかを解説しています。

飲食店のサービス提供はカンタンではない

オムライス画像

飲食店を作る上で欠かせないメニュー作り。自分の好きなものを載せることもできますし、お店のカラーを出すこともできるので、自分のお店を出したことの喜びを実感できる、やりがいのある作業です。

しかし、ただ、好きなものだけ、特徴のあるメニューを載せるだけでは経営は成り立ちません。商売は、儲けを出さなければならないのですから、原材料の仕入れ値を抑えつつ、適切な価格で商品を提供する必要があります。好きなものだけを仕入れて、適当な価格で出すというわけにはいかないのです。

当然のことながら、お客様に好まれるメニューを提供しなければ、集客は見込めません。それには、綿密なリサーチが必要です。店舗の立地から客層を想定し、どのようなメニューが好まれるか、価格設定はどれくらいが適当かを考えなくてはなりません。また、近隣の飲食店のメニューやその価格設定などの調査も欠かせません。

開業した飲食店が成功するかどうかは、出店場所も重要なファクターになります。常連をもつお店が多い地域に出店しても、そこからお客様を取り込むのは難しいですし、かといって飲食店のない地域に出店しても、お客様自体が少ないということもあります。この出店場所の選択を誤ると、飲食店を開業してもうまくいきません

店内の什器備品についても、お店のコンセプトや雰囲気に合ったものを、予算以内で手配するのにもかなり頭を使います。「開店してから取り戻せばいいから」と無理をしてしまうと、お店が軌道に乗るまでがたいへんですし、厳しい状況が改善されないまま、閉店に追い込まれてしまうことだってあるのです。

FCの飲食店はメニュー&サービスでもメリット大

FCの飲食店には、すでに確立されたブランド力があります。本部で十分にリサーチされて考案・開発されたメニューを出せますし、出店場所についても相談したり、協力が得られることも。FCでは、そのブランド力によって、安定した集客・売り上げが見込めるという安心感があります。

また、FCの飲食店の什器備品は、本部によって標準化されていますし、それを利用できるので、必要最低限の準備だけでお店を開業することが可能になるのです。

飲食店を成功させるなら、安定したサービスが提供できて、必要最低限の準備ですむFCが、もっとも早く近い道になるのではないでしょうか。

飲食店向けPOSはマストアイテム

飲食店は売上の計上や経費・人件費の管理など様々、事務処理もありますのでとても大変な業種です。飲食店向けのPOSはこういった仕事をスピーディーにこなしてくれますので、結果に業績の向上にもつながります。

様々な種類のPOSシステムがありますので、次のサイトでぜひ確認・検討してみてください。

基礎知識から製品選びまで、飲食店POSシステム徹底ガイド