HOME » フランチャイズの飲食店を開業しよう » FCのメリット【お金】

FCのメリット【お金】

FC(フランチャイズ)で飲食店を開業した際の、資金面でのメリットについて解説しています。

少ない資金で開業できるのがFC飲食店のメリット

飲食店を開業するにあたって、FCの最大のメリットともいえるのが、個人経営と比べて少ない開業資金で出店できるという点です。

飲食店を開業するには、店舗の賃料をはじめ厨房設備や備品、お店の宣伝など、少なく見積もっても1,000~1,500万円が必要だといわれています。これほどのお金をかけて開業しても、回収するまでに時間がかかったり、回収の見込みが立たなければ、飲食店を成功させることはできません。

しかし、開業資金が少なければ、その分、失敗のリスクを減らすことができるのです。

お金画像

業態や店舗にもよりますが、FCでは数百万円の資金で開業できるところもあります。本部によって標準化された設備を利用できるので、設備にかける費用を抑えることができます。リースや仕入先なども、本部に紹介してもらうことができ、有利な条件で利用することも可能です。

資金の調達が難しい場合も、本部に援助してもらったり、協力してもらえる場合があります。また、本部で金融機関との提携ローン制度を設けているところもありますし、有名チェーンに加盟することで、金融機関からの信用も得られやすいというメリットもあります。

軌道に乗るまで時間がかりランニングコストの融資を必要となった場合は、不動産を担保にしたローンなどの選択肢もあります。

不動産担保ローンはなぜ便利?名古屋のおすすめ会社も紹介

フランチャイズ飲食店のロイヤリティについて

フランチャイズというと、気になるのがロイヤリティ。

通常、出店後にはFC本部に支払うロイヤリティが発生します。そのグループの商標やノウハウ、システムパッケージなどを使用する対価として、本部に支払う使用料です。ロイヤリティには、粗利分配方式、売上歩合方式、定額方式があります。

・粗利分配方式…粗利金額に対して一定の割合を本部に支払う
・売上歩合方式…売上金額に対して一定の割合を本部に支払う
・定額方式…粗利金額や売上金額に関係なく、決められた一定の金額を支払う

多くのFC本部ではロイヤリティの支払いが発生しますが、なかには、ロイヤリティをとらないところもあります。FCを選ぶときには、ロイヤリティは発生するのか、ロイヤリティを支払う場合、どのような方式で、毎月いくらの支払いになるのかなどもチェックしておきましょう。