HOME » 飲食店開業のお悩み解決レシピ

飲食店開業のお悩み解決レシピ

ここでは、飲食店の開業にあたって生じるおもな悩みと、その解決策を紹介しています。

調理経験がない!

「飲食店を開業したいけれど、調理経験がないからやっぱり無理?」
「調理師免許が必要なんでしょう?」

そう思っている人も多いと思います。しかし、飲食店を始めるのに、お店での調理経験も調理師免許も必要ないんです。飲食店を開業するのに必要なのは「食品衛生責任者資格」という店舗や施設などの公衆衛生を行なう資格だけ。やる気とアイディア次第で、調理経験がなくても儲かるお店を出すことができます。

開業資金が少ない!

飲食店の開業には通常、1,000~1,500万円が必要だといわれています。店舗のための物件取得費や、内装工事費、設備費、備品代、宣伝広告費など、さまざまなものにお金がかかるのです。

いくら夢の飲食店だといっても、これだけのお金を貯めるのは本当にたいへんなことです。しかし、少ない開業資金であっても、飲食店を出す方法はあるのです。

資金に余裕がない、不安があるという場合は、事業者ローンを利用してみてもよいでしょう。

事業者ローン徹底比較!信頼できるおすすめ業者は?

何から始めればいいかわからない!

飲食店を開業するには、資金を貯める以外にも、やらなければならないことがたくさんあります。最低でも半年前から店のコンセプトを決め、銀行などから融資を受ける場合は、その手続きをしたり、保健所で講習を受けたり、内装が必要ならば業者に依頼しなければなりません。

また、メニュー作り、宣伝広告の準備、スタッフの募集、厨房器具や食器の購入、仕入先の選定、アルバイトのトレーニングなど、多くの準備が必要になります。

こうした悩みを解決してくれる方法として、FC(フランチャイズ)という選択があるのです。