HOME » 飲食店開業のお悩み解決レシピ » 開業資金が少ない!

開業資金が少ない!

ここでは、飲食店を開業するにあたって、必要となる資金について解説しています。

飲食店にはどれくらいの開業資金が必要か

お金借入

飲食店を開業するためには、当然のことながら、資金が必要です。一般的に、飲食店の開業には1,000~1,500万円が必要だといわれています。それでは、何にどれくらいのお金がかかるのか、一例を紹介したいと思います。

 

物件取得費

お店を借りたり買ったりするための費用。自宅を店舗として使用する場合は不要です。物件取得費には、保証金・敷金、礼金、仲介手数料、家賃、造作譲渡料などが含まれます。

〈保証金・敷金〉
物件によって、保証金となっているものと敷金となっているものがある。家賃の6カ月以上を支払うことが多い。

〈仲介手数料〉
不動産屋に支払うお金。家賃の1か月分が相場。

〈礼金〉
必要ない物件も多い。

〈家賃〉
家賃は前払いで支払う。

〈造作譲渡料〉
前のお店の厨房機器や内装などを買取る場合、前のお店の経営者に支払うお金。物件によって造作譲渡料がある場合とない場合がある。

内装費

一般住宅と比べて、店舗のリフォームはかなり高額です。エアコンや照明、家具なども、店舗用は高くなることが多いようです。

・厨房設備費
・エアコン
・内装・外装
・電気工事
・ガス・水道工事
・照明
・家具

備品等

・調理器具
・食器
・ユニフォーム
・備品・消耗品

宣伝広告費

チラシやホームページ作成を業者に依頼した場合には、宣伝広告費が発生します。

運転資金

店舗を借りてから開店までの準備期間にかかるお金や、開店してから店の売り上げが落ち着くまでの間、営業をスムーズに行なうためのお金。人件費もこれに含まれます。

予備費

内装などで追加工事が必要になったり、厨房設備にトラブルが生じた場合など、すぐに対応できるように、用意しておきましょう。

自分のお店ですから、内装や厨房機器、家具、食器など、とことんこだわりたいと思う人もいるでしょう。しかし、こだわればこだわるほど、お金がかかります。資金に不安があるのならば、フランチャイズのように、少ない元手で飲食店を開業するという方法もあります。