HOME » 飲食店開業のお悩み解決レシピ » 調理経験がない!

調理経験がない!

これから飲食店を開業したいと考えている方に向けて、調理経験や免許・資格の必要性について解説しています。

飲食店開業にはどのような資格が必要か?

料理人画像

どこかの飲食店で働いた後、料理人として独立・開業しようと考えている人はともかく、ひとつの商売として飲食店を開業したいと考えたとき、気になるのが調理経験の有無だと思います。

しかし、飲食店をやりたいけれど、調理経験がないからとあきらめるのは待ってください。

たしかに、飲食店での調理経験は、あればきっと役に立ちます。けれども、調理経験がないからといって、これからどこかの飲食店で働いて経験を積んでからでないと開業できないのか、というとそれは違います。

料理人を雇ったり、調理ができる人と共同で経営をするという方法もありますが、料理人を雇えばその分のお給料を払わなければなりませんし、場合によっては、料理ができない経営者と実際に作業をする料理人とでは、立場が逆転してしまうこともありえます。共同経営となると、経営上の戦略などで意見が対立したり、もろもろのトラブルが生じる可能性が高くなります。

そもそも、飲食店を始めるのに、調理師免許は必要ありません。店舗や施設などの公衆衛生を行なう食品衛生責任者の資格があればいいのです。どこかの飲食店で修行する必要もありません

もちろん、専門的な技術や長年の経験が必要な飲食店もあります。

しかし、専門の料理人がいなくても、アルバイトだけで繁盛しているお店もたくさんあるのです。ファストフード、ファミレス、カフェなど、チェーン店の多くは、現場で働いているのは、たいていアルバイトの人たちではないでしょうか。

技術がなくても儲かる飲食店にすることはできる

たとえば、調理経験を豊富にもち、高い技術のある料理人であれば、見た目にも美しく豪華で、味も抜群においしい料理を提供し、それなりの価格をとることもできるでしょう。

では、技術がないからといって、安い価格でしか商品を提供できないか、儲かるお店が出せないか、というとそうではありません。技術がなくても、アイディアと工夫、業態次第で、儲かるお店を出すことはできます。その最たる例が、フランチャイズの飲食店なのです。